内科・消化器内科・糖尿病内科/肝臓・胆のう・膵臓・胃大腸内視鏡・糖尿病・生活習慣病
 〒010-0951 秋田市山王5丁目10番28号
   Tel:(018) 867-7411 
   www.kuramitsu-clinic.com
トップ
診療案内
診察・予約
院長略歴
院内設備
交通案内
よくある質問
個人情報管理
オプトアウトについて
診療実績(1)
検査件数など
診療実績(2)
肝疾患診療
診療実績(3)
ピロリ菌除菌
診療実績(4)
糖尿病治療
学術論文活動
学術講演活動
採用案内
リンク集
<安心してお任せください>
・肝・胆・膵の病気の診断と治療!
・苦痛の少ない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査!
・糖尿病のトータル治療!
・慢性肝炎・肝硬変に対する最新の治療!
・C型・B型肝炎に対する専門的診断・治療!
・胃がんの原因であるヘリコバクター・ピロリ菌の診断と除菌治療!
・糖尿病の外来での注射治療導入!
・造影超音波による肝臓の精密検査!
・日帰り内視鏡的大腸ポリープ切除!
・胃がん・大腸がん・肝臓がん・膵臓がんなど消化器がんの早期発見!
・メタボリックシンドローム・脂質異常症・脂肪肝・痛風などの生活習慣病治療!
・ニコチン依存症に対する禁煙外来治療!
・消化器がんに対するセカンドオピニオン!
当院は秋田県肝疾患診療ネットワーク秋田県の肝炎専門医療機関に認定されています
【診療時間】 
診療時間
午前8時30分-12時
午後3時- 6時
【休診日】
 ・日曜日・祝祭日
 ・木曜日午後※
 ・土曜日午後
※木曜日の午後は市立秋田総合病院に、肝がんの治療(ラジオ波焼灼療法(RFA))のサポートに行くため、クリニックは休診です。
【診察・予約】
初診の方
診療予約・診察順について

【場所】
秋田市山王5丁目10番28号
    
当院は特定健康診査実施機関です  特定健康診査 運営についての規定はこちら
<C型肝炎治療>2014年まではC型慢性肝炎に対するインターフェロン治療を、”入院なし”で治療導入よりすべて外来で行ってきました。年間40名程のインターフェロン治療を行い、管理が難しいとされていたテラブレビル併用3剤併用治療を28例、シメプレビル併用3剤併用治療を22例行いました。2014年9月よりはインターフェロン治療なしの内服薬のみの副作用の少ない治療が登場しました。現在は内服薬のみの治療でC型肝炎は治る時代になりました。当院では数印しているほぼ全例の方のウイルス駆除が終了しています。
<B型肝炎治療>治療対象の方には、内服薬の核酸アナログ製剤、一部の方にはインターフェロン治療を行っています。B型肝炎は落ち着いていても、ウイルスを完全に排除できる治療法がなく、治療が必要でない健康なウイルスキャリアの方であっても年に1-2回肝発がんに対する定期的なチェック(腹部超音波検査と採血)が必要です。
<胃内視鏡>”鼻からの胃カメラ”はすでに5,000人以上の方が当クリニックで検査を受けています。嘔気などの苦痛症状が少なく好評です。”口からの胃カメラ”の苦痛も最小限に抑えるよう注意しています。口からの内視鏡もすでに5,000人以上の方が当クリニックで検査を受けています。ハイビジョン機種を導入しており、鮮明な画像で観察しています。
<大腸内視鏡>苦痛が少ない”大腸内視鏡検査”を心掛けています。すでに3,700人以上の方が当クリニックで検査を受けています。他院で苦労した経験を持つ患者さんもぜひ一度受診してみてください。大腸内視鏡もハイビジョン機種を導入しており、鮮明な画像で検査しています。
<大腸ポリープ>大腸内視鏡検査時、外来で切除可能なポリープはその場で切除しています。すでに1,000人以上の患者さんが当院で大きな問題なくポリープ切除を受けています。
<ピロリ菌除菌>胃がん発生の最大の原因と考えられているヘリコバクターピロリ菌の除菌治療を積極的に行っています。延べ2,000人以上の患者さんの除菌治療を行っております。
<糖尿病>現在最も力を入れている領域です。糖尿病自体はそれだけで命を左右することは少なく、血糖値だけを診るのではなくトータルケアが必要な代表的な病気です。糖尿病は、がんを併発しやすく、動脈硬化、脂質異常症、高血圧症、痛風など多くの病気を引き起こします。糖尿病は糖を蓄えて放出する肝臓と、血糖値の上げ下げをするホルモンを分泌する膵臓の、機能障害です。当クリニックでは直近の血糖値やHbA1c値に目くじらを立てて診療していません。半年から1年程じっくり時間をかけて肝臓・膵臓、メタボなどすべてバランス良い状態を目指し、体重を増やさないように、筋力が低下しないように管理しながら、通院してから数年後に膵臓保護の効果が出てくるような息の長い治療を心がけています。目先の血糖値を下げることは簡単ですが、大事なのは5年後10年後にも肝臓・膵臓の機能が保たれ、合併症の進行がなく、体に負担のかからない治療が継続できていることです。糖尿病患者は健常者に比べて、がん発症率も高いため、年1回は発がんチェックの腹部超音波検査・胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査を勧めています。インスリン注射治療やGLP-1アナログ注射治療はすべて外来で導入しています。糖尿病の内服治療薬は多種ありますが、当クリニックでは、DPP4阻害薬、メトホルミン、SGLT2阻害薬、ピオグリタゾンを中心とし、インスリン分泌促進薬は必要最小限に抑える方針で治療を行っています。
<腹部超音波検査>”腹部超音波検査”は痛みもなくたくさんの病気を診断できます。すでに17,000人以上の方が検査を受け、多くの領域のがんが見つかっています。超音波検査では、がんだけではなく、脂肪肝、胆石、尿管結石など非常に多くの病気が発見されます。
<ニコチン依存症>がん予防対策の基本は禁煙です。煙草は吸う本人だけではなく、周りの人の発がんも促進します。当クリニックでは保険診療でニコチン依存症の方に対する禁煙治療を積極的に行っています。すでに300人以上の方が当院で禁煙治療を受けています。

くらみつ内科クリニックの診療方針
”くらみつ内科クリニックを受診して本当によかった”、と受診したすべての方に満足していただけるクリニックを目指します。
1.高レベルの医療の提供
  医療知識、医療技術、医療設備において、常に向上を目指し、高レベルの医療を提供します。
2.清潔なクリニック
  清潔な医療環境の整備に力を注ぎます。
3.安全第一の医療
  安全を最優先した医療をおこないます。
4.ぬくもりのあるクリニック
  常に患者さんの気持ちを考えた診療を行ないます。
5.医療の透明性
  開かれた医療を提供します。
                   
くらみつ内科クリニック  院長  倉光智之  
e-mail:info@kuramitsu-clinic.com
Copyright (C) 2006 Kuramitsu Clinic All Rights Reserved.